BlackBerryでクルマを遠隔操作

自動車のセキュリティやオーディオ製品のほか、キーレスエントリーなどを販売しているDirected Electronics社(米オハイオ州)の「Viper SmartStart」という製品は、2010年1月のCESで「Best of Innovations」を受賞しているが、CESなどでかねてアナウンスされていたように、いよいよBlackBerryからもクルマの遠隔操作が可能となったようだ。
Mobile Crunchによると、Viper SmartStartはCESで表彰された従来のiPhone版に加えて、BlackBerryの多くの機種に対応した。BlackBerryにアプリケーションをインストールし、別売りの車載機をクルマに装着すれば、クルマに近づかなくてもスタートさせることができるので(運転はできないので、ジェームズ・ボンドやバットマンのようなわけには行かないが)、iPhoneやiPod Touch、BlackBerryの画面から、寒い日にはヒーターを暑い日にはエアコンを予めオンにしておくこともできる。
車載器(Viper SmartStart)の搭載はプロに任せるしかないようだが、配線によってはドアやロック、アンロックやトランクを開くことも遠隔で可能となる。そのほか、広大な駐車場で見つけ出したり、セキュリティシステムをオンにすることもできるそうだ。しかも、キーレスエントリーのようにクルマに接近する必要はなく、世界中どこからでも操作できる。
Viper SmartStartの販売価格は499ドルで、1年目の利用料が含まれている。2年目以降は年額29.99ドルとのこと。現在のところ、サービスはアメリカでのみ提供されている。(幸野百太郎)
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。